山編
2012.07.14 北アルプス西穂高岳初日、西穂山荘編
コース ルート 動画
写真山編北アルプス

[15日:焼岳小屋編16日西穂高岳編]
北アルプスは3回目。前回に続き穂高連峰。
今回は少しきついけれど、西穂高岳登頂を目指した。

京都タワーに集合
名神高速を行く


途中のサービスエリアで休憩
新穂高温泉ロープウェイの駐車場



新穂高ビジターセンター
新穂高ロープウェイ、しらかば平駅
ロープウェイのチケット。1350円ナリ(^_^;)



2階建ての新穂高ロープウェイ
乗り場
一気に高度を稼ぐ




ロープウェイを登り切ると展望台
山の案内板。この日は残念ながら、ガスが
ロープウェイ駅出口




湿原地帯を通る。ここまでは、登山者でなくても入れる一般向けエリアだ。

大きな葉っぱ
高山植物園



これより登山道。
安全登山の心得が掲げられていた
廃屋の横を通る
西穂山荘に向かう登山者で列をなしている



刺々しい緑
槍ヶ岳方向は残念ながらガスっぽかった
岩々して傾斜もきつくなった



狭くて少しハード
登りきると、木の桟板になった
向こうに西穂山荘が見えた!



独標・西穂高岳との分岐点
距離の書いた標柱
西穂山荘入口に


西穂山荘

西穂山荘(にしほさんそう)は、岐阜県高山市の北アルプス主稜線上、西穂高岳の南にある山小屋。
北アルプス南部では、唯一の通年営業の山小屋。
中部山岳国立公園内にあり、小屋の脇にはキャンプ指定地がある。
西穂山荘へは、上高地からのルートと、新穂高温泉から新穂高ロープウェイを利用したルートの2登山道がある。
山小屋からは、西穂独標までの登山や、焼岳小屋を経由して焼岳への縦走などが可能。
  • 定員:300名
  • 営業期間:通年
  • 宿泊料金:1泊2食つき 9,000円、素泊まり 6,500円
    • (なお、冬季は300円アップ)
  • 水場:なし(沢からのポンプ汲み上げ)
  • テント場:25張り
  • 入浴施設:なし
  • レストハウス(売店)の別館がある。
  • 小屋内で、西穂写真展が開催されている。
  • 西穂高診療所が併設されている。
(Wikipedia:西穂山荘より抜粋)


記念撮影用の板
立派なログハウス
別館は喫茶&売店になっている



西穂山荘付近の高山植物



コーヒータイム
動画
蛾が羽ばたいていた
動画
少し下がった所にテント場がある



松本名物山賊焼風味ポテトチップス。
高地ならではの膨らんだ袋が印象的
おっきなみそぱん
山荘の夕食。高い天井の中、御飯と味噌汁をごちそうした




戦前、昭和12年頃の山登り向け機関誌「ケルン」。
好日山荘の広告や、肉感あふれるストレッチ


[今回のアクセス・コース]
(7:15 京都駅~12:17 しらかば平駅(昼食)13:23~13:30 )西穂高口駅 13:39~14:53 西穂山荘

<ルート>(ヤマレコより)
(翌15日焼岳展望台への往復の分も含みます)


<動画>
メニュー - 新穂高ロープウェイ - コーヒータイム - 西穂山荘の蛾 - 西穂山荘

[北アルプス:西穂山荘、焼岳展望台、西穂高岳]
[15日焼岳小屋編16日西穂高岳編]

Share

写真山編北アルプス
山編-西穂高岳初日、西穂山荘編
本サーバ ミラーサーバ