山編
2011.05.15 比良山系シャクナゲ紀行
山編トップ 写 真トップ

比良山系は子供の頃、びわ湖バレイに何回か登ったり、前年リトル比良に行った りした経験があるが、比良山系の中心部を本格的に歩くのは、実は今回が初めてだったりする。
今回はシャクナゲが見ごろということで、楽しみにしながら参加したのだが、実際は結構大変だった













朝の京都駅。
ここで車に乗せてもらい、比良駅近くのイン谷に向かう

イン谷の渓谷
準備が出来てさぁ出発













途中まで登った所。琵琶湖や湖西線、湖西道 路が見える

触ると、痛そう~

比良スキー場のゴンドラリフトの跡。直接 登って行くと、かなりの急勾配だ













斜面にシャクナゲが

シャクナゲの葉

花がたくさん!













ロープウェイの駅跡

秋びわ湖バレイのある打見山が見える。
手前は堂満岳




釈迦岳手前のシャクナゲ





























釈迦岳山頂(1060m)

山頂の崩れたケルン

カラ岳への道もシャクナゲがある
























電波塔のあるカラ岳が見えてきた

カラ岳の電波塔

北比良峠付近のザレ場か













古ぼけた散策コースの看板

比良ロッジ跡から八雲ヶ原に向かう

比良スキー場跡の道













八雲ヶ原に向け、ゲレンデ跡を一気に下る

降りると、ヤクモ池が待っていた

大きな木の中で昼食タイム













木漏れ日の中のひととき

八雲ヶ原の湿原











それから先、谷沿いを登るが、だんだん勾 配がきつくなってきて、やがて一人の女性がダウン。荷物を別の男性に持ってもらう。
その後も倒木で踏み跡もないトラバース。本当にこの道で正しいの?
疑いを持つようになった頃、登山道に出て、シャクナゲが見えてきた


一度沢を下るが、すぐに登りに入った

登る途中に別荘の廃屋が






















金糞峠近くの橋













金糞峠に着く

金糞峠から見える琵琶湖の景色。
歌川広重が描いた光景とそっくり。
実際ここに来ないと描けない絵であった。













堂満岳へとシャクナゲが続く道を歩く

秋先に見える山はコヤマノ岳か武奈ヶ岳か

堂満岳東面のガレ場













一部狭い崖もあったが、シャクナゲを見ながら進む













標高1057m、堂満岳山頂

山頂にもシャクナゲが

近江舞子の内湖が見えた













山頂から急坂を降りる。
荒川峠側を見る。
間の南比良峠からの谷道は危険な難路

ノタノボリという池に来た

別荘地を通り、再度イン谷口へ









[当日のコース]
(7:20 京都駅)~9:00 イン谷口~10:30 比良リフト・比良ロープウェイ釈迦岳駅跡~11:35 釈迦岳~ 12:30 八雲ヶ原 13:30~14:55頃 中峠南1121mピーク付近のシャクナゲ~15:21 金糞峠~16:00 堂満岳 16:05~ 17:40 イン谷口~(19:25 京阪七条駅)

[ルートマップ](ヤマレコより)



山編トップ 写真トップ

山編- 比良山系シャクナゲ紀行
本サーバ  ミラーサーバ


Share