東海自然歩道ルートガイド
2009.10.09 鷹峯源光 庵~夜泣峠~鞍馬駅
今回のコース 交通 ルートマップ 参考図書
高雄~菩提の滝~鷹峯源光庵 鞍馬駅~静原~大原→
東海自然歩道編トップ 写真トップ


一度歩いたが、詳しく写真を撮ってなかったコースをまた歩くことにした。
今回は、鷹峯源光庵バス停から鞍馬までの10キロあまり。
近畿編はゆっくり歩きながら写真や景色を楽しみたいものだ













バスを降り、歩き始める

少し歩くと、住宅地の中をジグザグに進む
ご覧のように標識が設置。
分かりやすい













道なりに進んでいくと、アパートがあり、左 折。
ここにも標識が(クリックすることで表示)

氷室道を言われる道を進む。
尺八池の手前で右折

フェンスに囲まれ見えない尺八池













広くなった車道を下る

セブンイレブンのある交差点の1つ手前で左 折

薬師如来が本尊の一様庵(一様院とも)













この時点ではフェンスに囲まれて見にくかっ たが、さっきのセブンイレブンから来た道に合流した所で左折。
ルートの描いた地図の標識もあった
クリックすると、表示)

左折してすぐ右折。
見える建物は西方寺

少し進み右に曲ってすぐ左折













あとは道なりに進む。
左側にゴルフ場が見えてきた

コスモスの花

高い杉の木













県道が向こう側に見えてきた

標識が設置

高橋バス停で県道へ













しばらくは県道を遡る

市原方面に分岐する山幸橋。
東海自然歩道は県道を直進

京都一周トレイルが合流してきた













賀茂川の流れ

細くなった県道。右側に用水路が

大岩バス停手前で県道を離れ、夜泣峠への登 山口
クリックすると標識等が見れます)













林道を登る

180度ターンで夜泣峠方面へ

渓流のせせらぎ













渓谷沿いに橋を渡って進む

いつの間にか高巻き道になる









夜泣峠

昔、幼少の惟喬(これたか)親王が、乳母に抱かれて二ノ瀬に出る時、ここで一夜を明かされたが、 親王が夜泣きをされたため、この峠にあった地蔵さんに願をかけたとたんに泣きやまれた。
このことから夜泣峠といわれるようになったという
(現地案内板より)







夜泣峠に到着

夜泣峠の案内標識
木の根が露出していた













夜泣峠にある分岐点。
滝谷峠の先は貴船山まで行ける

急な下りを一気に降りる

落ちるような階段道に













叡山電鉄の踏切が見えた

反対側を見る。
守屋神社が見える

ここにも標識が













鞍馬川を渡る

二ノ瀬の集落で県道に

狭い県道を鞍馬へと向かう













貴船との分岐点

貴船口駅近くで叡山電鉄の観光電車「きらら」を捉えた

鞍馬の街中に入ってきた













奥が鞍馬寺の門。
高級感ある門前のお店

カオス状態の土産屋

駅前の天狗像も健在だった













木造の鞍馬駅

駅の中

運賃表













出町柳行の電車
(車窓動画)

出町柳に到着

















交通
[鷹峰(源光庵前)]
京都市交通局バス。四条大宮からのものと、北大路バスターミナル(地下鉄北大路駅前)のがある。
鷹峰源光庵前バス停の時刻表はこちら

[高橋~大岩]
京都バス37系統 出町柳~北大路駅~雲ヶ畑岩屋橋間バスあり
時刻表

[二ノ瀬~鞍馬]
20分に1本運転されている叡山電鉄鞍馬線で出町柳へ出るのが一般的。
各駅の時刻表
ただし一日4本(春分の日~11/30の休日は大原~鞍馬間の便が3本別にあり)出町柳~北大路駅~鞍馬~広河原間のバスがこの区間を通っている
(一応…鞍馬の時刻表)

ルートマップ( ヤマレコより)

今回のコース
11:40 鷹峯源光庵前バス停~12:36 高橋バス停~13:05 登山口~13:33 夜泣峠~13:52 二ノ瀬~14:25 鞍馬駅









<参考図書>


高雄~菩提の滝~鷹峯源光庵 鞍馬駅~静原~大原→
東海自然歩道編トップ 写真トップ
東海自然歩道ルートガイド-鷹峯源光庵~夜泣峠~鞍馬駅
本サーバ  ミラーサーバ  

Share