水編
2009.09.21 大阪市渡船ウォーキング
水編トップ 写真トップ

大阪市には現在8カ所、渡し船がある。
その中の4カ所をたどるウォーキングに参加してきた













地下鉄四つ橋線岸里駅から、南へ。
高野線だが、支線になった通称汐見橋線の下をくぐる。

2重のループで上がる千本松大橋
千本松大橋が船を下に通すため、高い橋になったため、残された千本松渡し









大阪市の公営渡船

大阪市南西部は河川や運河などの水路が縦横に走っており、また河川舟運が盛んで架橋が困難だったため、古くから市による公営渡船が多数運航されてきた。 各河川・港湾への架橋進展に伴いその多くが廃止されたが、現在でも8航路が、主に大阪市建設局により運航されている(木津川渡のみ市港湾局)。
繁華街や観光地では見られない、普段着の大阪に触れることができるスポットとして、静かな人気を呼んでいる。
運航時間は航路にもよるが、概ね午前6時台から午後9時台まで。
8航路の内7航路が大正区に関係する。
(Wikipedia: 大阪市の公営渡船より)







千本松大橋の対岸。
ループがよくわかる

時刻表。15分に1本

渡船の使用お知らせ













対岸の船着場で、乗客が乗船

船がこちらにやってきた

対岸に到着














砂利船が千本松大橋の下を通過した

千本松大橋のループの下はグランドになっていて、野球少年が練習していた













鮮やかな青色の千歳橋の下にある千歳渡乗り場
時刻表。20分に1本

船が到着













「ちづる」の船内

綺麗なアーチを描く千歳橋。
2003年開通

降りたところに渡船のイラストが













続いて尻無川を渡る甚兵衛渡

大正区で渡船のスタンプラリーを行っていた

甚兵衛渡の船













尻無川の防潮水門

船の乗船を待つ光景

続いて築港天保山へ。
朝潮橋駅前の八幡屋公園にある大阪市中央体育館













天保山の観覧車

海遊館とハーバービレッジ













天保山大橋を向こうに見る

天保山から見た観覧車

天保山渡船場













30分に1本

船は他のより大きめだった
桜島側へ渡った












すっかり暗くなった。対岸に見る天保山の観覧車




[コースタイム]
地下鉄岸里駅 14:00~15:00 千本松渡 15:14~16:12 千歳渡 16:15~16:55 甚兵衛渡 16:57~18:07 天保山ハーバービレッジ 18:20~18:36 天保山渡 18:44~19:00頃 JR桜島駅

[今回のルート](ルートラボより)


[動画]
メニュー 千本松渡 千歳渡 甚兵衛渡

[参考資料]
大阪市市政 大阪 渡船場マップ










水編トップ 写真トップ
水編-大阪市渡船ウォーキング
本サーバ ミラーサーバ