交通編
2008.07.27 九州鉄道旅行編4日目、宮崎→矢岳越え→熊本→阿蘇→別府
交通編トップ 写真トップ

前日の記録

宮崎で一泊。
ところが、今日も寝坊だ。
乗る予定だった普通列車には間に合わず、仕方なく18きっぷの使えない特急で都城に向かうことに。
今日は肥薩線、豊肥本線で2つの山越え、スイッチバックを体験する。
豪華な一日だ
















特急きりしまの485系

485 系の車内。シートの外装が張りかえられている
















都城 駅とその駅前

今度乗る列車は、吉都線の吉松行き














吉松駅で肥薩線に乗り換え。
いよいよ矢岳越えに挑む。
列車はまたもキハ40の単行。
この区間は観光用に「いざぶろう・しんぺい」という展望列車が用意されているが、今回は残念ながら九州色の一般車だった


吉都線の列車。
キハ40の単行だ

霧島連山を見ながら、その縁を列車は進む

















スイッチバック駅の真幸駅。
「真の幸せに入る」に通じるとして、入場券などで人気があるそうだ


真幸駅のホーム

名物、幸福の鐘。
幸せと感じる度合いに応じて鳴らすのが良いとされているらしい




真幸駅から列車はスイッチバック
(詳しくは、この動画を)










かつて日本三大車窓の一つと言われた真幸〜矢岳間の景 色。
えびの高原と霧島連山が見える

矢岳駅に到着

木造の矢岳駅の駅舎。
おそらく明治の開業当時からのものか



矢岳駅は、肥薩線で最も高く標高約536.9mの地点に位置する。
南側にある矢岳第一トンネルは、難工事で多数の犠牲者を出した。
トンネルポータルには、山縣伊三郎と後藤新平のそれぞれの筆による、扁額「天険若夷」(てんけんじゃくい)と「引重致遠」(いんじゅうちえん)が書かれて いる。











矢岳駅のコンコース。
応接用の椅子が置かれている

矢岳駅は今は無人駅だ。
有人駅だった当時の窓口が残っている。
シャンデリアもレトロ。

人吉市のSL展示館がある。
D51 170号機が展示されている。
かつては8620形の58654号機もあったが、動態復活して今も走り続けている。



矢岳駅から急勾配を下って、大畑(おこ)駅 に。
ここは
日本初のループ線の中に、スイッチバックで駅が作られた。
(詳しくはこの動画を)










大畑駅の木造駅舎。
明治の開業当時からのもの

大畑駅のホーム

大畑駅の駅舎内。
たくさんの記念の名刺が貼り付けられている



列車は一気に下り、球磨川の鉄橋を渡り、人吉駅に到着した










矢岳越えで乗車したキハ40

人吉駅が終着駅の九州横断特急
















くま川鉄道用の車両が並ぶ

観光列車「いざぶろう・しんぺい」

「いざぶろう・しんぺい」と九州色のキハ40
















くま川鉄道のホーム。JR九州か ら譲渡されたキハ31が停車

人吉駅の駅舎
















「汽車弁当」の看板が飾られた「人吉駅弁やまぐち」。約 30種もの弁当が販売されている。

次の列車まで時間があるので、少し散策。
球磨川を渡る

「ゆうれい祭り」が行われていた永国寺









人吉温泉の一 つで、入浴。
無人の温泉で、監視カメラ設置。
自販機も置かれ、牛乳が飲めた。
木作りの建物でなかなかのもの。







球磨川越しに見る人吉市街

人吉城跡の石垣。
人吉城は、2方は堀代わりの川、他2方は山と自然の地形を巧みに生かしている
















人吉駅に戻った。八代駅までは、 キハ31がお待ちかね。

一勝地で、九州横断特急と離合















八代駅に到着

八代から熊本までは817系

















熊本駅の駅舎

熊本駅前には市電が中心部にお待ちかね。
低床車の9700形だ

新幹線建設のため仮設ホームの熊本駅。
豊肥本線は肥後大津まで電化。815系に乗車



肥後大津駅からは非電化。キハ200に乗り換え。
だんだんと山深くなり、左からスイッチバックの線路が合流すると、立野駅











「秘湯の里とスイッチバックのある駅」立野駅。
南阿蘇鉄道が分岐

立野駅のホーム

立野駅は逆Z形スイッチバックで、駅自体とその上側で2 回方向転換する
















宮地駅まで行くキハ200

阿蘇カルデラから、遠くに阿蘇山を望む
















注連縄が特徴的な宮地駅。
阿蘇神社にちなんで建てられたという

宮地駅の駅内

雷雲が不気味に姿を見せていた
















SLあそBOY用のターンテーブル。
2005年を持って終焉となったが、また使われる時は来るのだろうか

ここからは1日5本。
新しく投入されたキハ220の200番台。
前面LED
がとても大きい〜!

クロス・ロングシートが同居する室内
















豊後竹田駅

竹田市名産品のカボスをモチーフにしたベンチ

駅舎は荒城の月で有名な岡城に因み城を模したものとなっ ている















豊肥本線はキハ125も走る

豊肥本線4本目の列車はまたもキハ200
特徴的なキハ200のロゴ
















大分駅に到着

大分駅に泊まる方法もあったが、花火大会があるという。
別府駅に着いた

宿泊もできる駅前高等温泉














(↑)駅前通にネットカフェ発見。 今日はここに泊まるぞ。

2007年「登録有形文化財」に指定された別府タワー。
建造から50年以上を経過した
(→)





この後は、別府で花火大会を堪能(写真・動画はこちら)。
先ほどのネットカフェで宿泊した。
明日はいよいよ大阪に帰るぞ!

この日の動画はこちら


交通編トップ 写真トップ
交通編-九州鉄道旅行編4日目、宮崎→矢岳越え→熊本→阿蘇→別府
本サーバ ミラーサーバ