交通編
2008.07.25 九州鉄道旅行編2日目、大分→鹿児島中央⇔枕崎
交通編トップ 写真トップ

前日、大阪から一気に大分まで来た。
本日は難所、宗太郎越を通り、鹿児島中央駅から指宿枕崎線を往復、JR最南端の西大山駅も通る予定だ。
















朝の大分駅

大分駅の改札。
奥には特急「ソニック」が

佐伯駅まではロングシートの815系に乗車



ちょうど通勤時間帯にぶつかったため、駅を経るごとに佐伯の高校に通学する通学生が乗り、席が埋まっていった。











臼杵駅

佐伯駅に到着

クモハ815-22
















佐伯駅の「おつかれさまでした」

「佐伯駅」の国鉄時代の駅名板

発車時刻の液晶ディスプレイ。
特急しか表示されていない。



佐伯〜延岡間の宗太郎越は普通列車がわずか3本。しかも早朝と夕刻、夜のみ。
いやでも特急に乗らざるを得ない。
18きっぷを持ってはいるが、特急では当然18きっぷが使えず、乗車券と特急券の両方を買う必要がある。
まさに「難所」である










佐伯駅の駅前

数少なくなったホームに水洗所が残る駅。「さえき」では なく、「さいき」が駅の名称

佐伯近くで伐採された木で作られた椅子



やがて「きりしま・ひゅうが」色の特急「にちりん1号」が入線。
九州でも日豊本線・宮崎空港線にしか走らなくなった貴重な485系だ










485系のシート。
車体断面がいかにも「こだま号」の時からの伝統の形状

宗太郎越では、特急「にちりん」と2度すれ違った。
これは「RED EXPRESS」色

宗太郎付近の景色
















485系は延岡駅に到着

「きりしま・ひゅうが」色の485系と、この後乗り換え る717系

延岡駅駅舎



延岡駅からは、高千穂駅まで高千穂鉄道が出ていた。
惜しくも2005年9月14日の台風14号による水害で、鉄道設備に甚大な被害を受け、全線運転休止。
復旧に莫大なお金が掛かると試算されたため、復旧できず廃線を検討。
撮影時点では、延岡駅-槇峰駅間はすでに廃止。
槇峰駅-高千穂駅間も廃止届けが提出されており、この年の12月28日に廃止を余儀なくされた。











「TR高千穂鉄道」延岡駅の駅舎

延岡駅ホーム

留置されている「わかあゆ」TR-102。
残念ながらこの後解体処分に
















貨物用ED76が停車。
後ろではコンテナの取り扱いもしていた

南国特産「ボンタンアメ」、名物「兵六餅」

宮崎までは、南宮崎行きの717系に乗車



旧リニア宮崎実験線などを見ながら、宮崎駅まで列車は疾走!










高架2面4線の宮崎駅に着く

特急「にちりん」に使われる 783系、クモハ783-5
















トロピカルムード満点の宮崎駅前

















売店にも東国原県知事をモデルにしたポスターが…

宮崎駅の改札前。
上りと下りの各ホームで改札が分かれている

日南線用か、キハ40
















都城まで行く817系が入線

木が多用された817系のシート

円形に配置された吊手、後付式の運転台ユニット
















都城駅に到着

駅前はひっそりとしていた

都城から今度は鹿児島中央行の817系に乗車。
UVカットガラスでカーテンがない
















重富駅から鹿児島駅間は、海岸線沿いに桜島を見ながら走 る。
すばらしい桜島
















鹿児島中央駅に到着

九州新幹線の終点だ。
「つばめ」の行先は「博多」となっている
(実際は、新八代駅で在来線の特急「リレーつばめ」に乗り換え)

まだ時刻は3時過ぎ。
日暮れまで時間があるので、指宿枕崎線を往復してみよう。
まずは指定席もあるキハ200形快速「なのはなDX7号」に乗り、指宿駅へ
















錦江湾を望みながら進む

指宿駅に到着。
ここでローカル色あふれるキハ47に乗り換え

「キハ47 9097」。
まさにインフレナンバーだ
















国鉄時代のローマ字付の駅名板が残る指宿駅

キハ47の扇風機。
「JNR」マークが残る

ワンマン化と収容力強化のため、ドア付近の座席が撤去さ れた
















JR 最南端の駅、西大山。
地図で東西南北の端の駅が表示
(ただし最東端と記載されている根室駅だが、実際は東根室駅が最東端)


「薩摩富士」こと、開聞岳。
日本百名山の一つ
















終点枕崎駅に到着。
ホーム1本のみで駅舎もないシンプルな構成だ。
「本土最南端の始発駅」の看板がある

終着駅にたたずむキハ47

「枕崎⇔山川」に付け替えられたサボ



















夕暮れの薩摩半島を疾走!
















再び西大山駅

もう日も暮れた

山川駅でキハ200に乗り換え。
香椎線から転属したロングシート仕様だった
















鹿児島中央駅駅前

九州新幹線の開業とともに、装いを新たにした鹿児島中央 駅舎

鹿児島中央駅前の踏切。
列車が通過!
















市電が走る道路から、鹿児島中央駅側を見る。
アミュプラザ鹿児島の観覧車も見える


篤姫館の広告車が走る鹿児島市交通局

市電の軌道はシラスを利用したブロックにより、芝生化さ れている。
これによりヒートアイランドへの対策効果も認められたという



この日は、鹿児島の繁華街・天文館のネットカフェに宿泊した。

この日の動画はコチラ


交通編トップ 写真トップ
交通編-九州鉄道旅行編2日目、大分→鹿児島中央⇔枕崎
本サーバ ミラーサーバ