交通編
2007.09.23 大井川鐵道の蒸気機関車
交通編トップ 写真トップ


前日歩いた東海自然歩道のコースで死にそうになりながら、家山まで歩いたこともあり、この日はあんま り歩きたくないという気分。
それでもせっかく静岡県まで来ているんだしということで、朝藤枝のネットカフェを抜け出し、JRで金谷までやってきた。
















金谷駅の改札口。大井川鐵道の写真が多く貼られる

今日の列車は元近 鉄16000系
南大阪線・吉野線の特急として走っていた列車だ。
今や大井川鐵道の主力になっている

昔の近鉄時代の写真が掲載されていた。
逆三角形の特急マークを掲示
















車内。近鉄に残った16000系はリクライニングシート 装着など現代風に改善されたが、この車両はほぼ原型のまま

大井川を横目に進む。
雨が降ってきた。

冷房スイッチ



下車予定の家山に近づいた頃、雨が激しさを増した。
一時的な雨なんだろうが、正直昨日の歩行で精神的にも参っている。
それに大井川鐵道に載れる機会なんて今後もそんなにないだろう、ということで終点の千頭まで行って、あわよくばSL急行に乗ろうということで、家山駅で下 車せず千頭駅へGo!










家山を出て駿遠橋を横目に見る。

座席番号のプレート
近代化された千頭駅に到着。



千頭駅の駅舎にはSL資料館が併設されていた。
入ってみよう










入口。
「さよならC11312蒸気機関車」のヘッドマークも飾られている

小田急から譲渡されたものの、あっけなく廃車解体されたSSEの 遺品も飾られていた

SLマッチなど昔のグッズも
















開業当時の時刻表。
大井川鐵道本線は一気に金谷から千頭まで開業したわけでなく、1927〜1931年の間に金谷側から小刻みに開業していった

蒸気機関車の過熱管

大井川鐵道で昔使われていたのか、タ ブレットとその装置
















SL急行は通常の料金に500円プラス。
これは乗らなきゃ損だ、ということでまだ売っていた切符を購入。
14:16発。

SL急行の発車まではまだ6時間ある。千頭駅から歩いて みよう。駅前を歩く

しばらく川根両国方面に歩くと、大井川鐵道所有の貨 車が置かれていた。
















奥にあるダムの資材運搬用として使われるのだろうか

川根両国駅へ。
民家の軒先みたいだ

川根両国駅駅舎
















川根両国駅のホーム。比較的長く取られている

両国吊橋で大井川を対岸に渡る

両国車輌区
















カメラをズームアップして見ると、貨車の奥に、今は車籍のない DD100形ディーゼル機関車(DD107)が置かれていた。外観を見る限り、状態は良好のようだ

「やんばいです」本川根。
旧本川根町の方言で「良いあんばい(天気、陽気)ですね! とか、こんにちは♪」等と言う意味


大井川の景色。
南アルプスから流れてきてここまでやってきた。
















智者の石。
人々の心身を清め、活力の沸く石とのことだが、果たしてその効能は?


















銭湯の「千頭温泉・旬」に入り、暖まりながら日向ぼっこ。
小長井吊り橋を渡る
(→)


















川根大橋を渡り、千頭駅へ戻る

千頭駅前に川根茶が売られていた

千頭駅前のバス停に、大井川鐵道が唯一運行している寸又峡温泉行きのバスが止まっていた
















「川の家」という団体向けの食べ物屋に鮎が焼かれて置かれている

「川の家」には鮎が放流。
修学旅行生が生け簀の中に中に入り、鮎を追っかけまわしていた

大井川鐵道のSLに乗車する観光ツアーのために、全国からバスが集合していた。
これは三重交通のバス
















C11227を先頭にSL急行「かわね路」号がやってきた!
後補機としてE101が後押し
















スハフ42304

SL急行の車輌

1両ごとにドアの形が違って楽しい。
















E101

千頭にやってきた蒸気機関車。
家族連れに大人気だ!
















SL急行から下車する満員の人たち。
団体さんが多そうな感じ。
きっと帰りは、さっき止まっていた観光バスやマイカーに乗って帰る人が多いのだろう

柵の向こうから C11227を捕らえる。
C11227は昭和17年製。昭和51年のSL急行開始当初から大井川鐵道を走っている。
最近では痛みが目立っているというが、いつまでも走り続けて欲しい




C11227とE101との機関車の入れ替えを実施した。
電車と違って、機回し線を使って前後を入れ替えないといけないから電車に比べて大変だ
(動画:










貫通扉を開けたE101

E101が後ろになって一旦待機線に引き上げていった

今度はC11190が牽引するSL急行が入線。
千頭駅があわただしくなる
















C11190を撮ろうとみんなカメラで撮影。
記念撮影でもパチリ

広い千頭駅構内
















母親がC11190に向かってパチリ

C11190も大人気だ。子供を前に載せている。
いい思い出になることだろう
















SL急行の人気に「おべんとう」も売り切れだ

売店では絵本が売られていた
一方コチラは休車中(事実上静態保存)E103と静態保存用9600形の49616。
いずれも状態が悪そう…
















蒸気を吐き出す
(動画:

客車にカメラを向ける。

子供が機関士だぞぉー
















C11190。昭和15年川崎車輌製。
大井川鐵道にいる蒸気機関車の中で一番状態が良いらしい。

C11190の動輪とロッド。
スポーク車輪は水車のように繊細だ

C11190の運転席
















即席撮影会は続く

オハフ33 215。リベットが目立つ。
間違いのない戦前製


















E102。E101とともに 昭和24年の大井川鐵道電化用に製造。ここにしかなくC11に負けないほど貴重な車輌だ

客車のドアにも個性がある
















E101を先頭に後ろ向きで乗車対象の「かわね路」号が入線
2本並ぶSL急行。
もちろんこういう光景は大井川鐵道だけ

青大将? 色に加え上だけノーシルの姿が異様なオハ35 149















レタリングが痛ましい…。
オハ35 559

C11227が入線してきた。
千頭駅には転車台があるにもかかわらず、この日はバック向きで運転することに。
早速撮影の群れが
















車内へ入る。「便所」のマーク、十分スペースのとられた洗面所(普通列車でも昔は長距離運用が多かった)















客席。今回乗車したのはオハ47 398。
昭和29年製だ

窓から見るC11190

客車の広告スペースにはこのような表示が…
















C11190が入れ替えをしていたので、一度外に出て撮ってみた
戦前の標準台車、TR23
















オハ47398に戻る。
しっかり丁寧に編まれた網棚。

白熱灯のスペースに蛍光灯が設置
列車は千頭を出発。
沿線でも大人気!
















かわね路には車内販売もある。
「SLもなか」「SL酒」「SL腕時計」…なんでもSL。
「連結でGO!」??

車内から扉を撮る。
みな手動扉だ

まもなく新金谷。
団体専用? 特別車や展望車が置かれていた。これらは元々は西武の通勤電車だったのだ。変身にビックリ!
















新金谷に到着。
元南海の車両もあれば、トラストトレイン用スハフ433、元清水港線で使われてきたスハフ42184とここでも車両の博物館状態
















列車は金谷の大カーブを通過中。
長大? 7両編成を2台の機関車で運ぶ。
ラストスパート!

金谷駅に到着
















ここまで頑張ってきたC11227
















金谷駅には機回し線はないため、そのまま列車は反対向きに車庫のある新金谷へ回送されてゆく。お疲れ様!
金谷駅にあった本日のSL列車編成



SL急行「かわね路」号の車窓動画(









<参考資料>
●大井川鐵道公式ページ
http://www.oigawa-railway.co.jp/
●やぎしたのHomepage:大井川鐵道の車両たち
http://www1.odn.ne.jp/t-yagishita/ooigawa.htm
●客車列車の旅
http://homepage3.nifty.com/jnrpc/
 -大井川鉄道客車形態詳細
 (http://homepage3.nifty.com/jnrpc/P-train/OOIGAWA.html
 -大井川鉄道客車形態詳細−オハ35系列車両
 (http://homepage3.nifty.com/jnrpc/P-train/OOIGAWA-P-35.html
 -大井川鉄道客車形態詳細−スハ43系列車両
 (http://homepage3.nifty.com/jnrpc/P-train/OOIGAWA-P-43.html
●鉄道車両画像のページ:大井川鉄道のページ
http://rail-1.kokuden.com/Shitetsu/ooigawa/ooigawa_index.htm

<千頭付近の歩行記録>



交通編トップ 写真トップ
交通編-大井川鐵道の蒸気機関車
本サーバ ミラーサーバ