東海自然歩道ルートガイド
2007.06.10 善師野駅〜入鹿池〜内津峠
今回のコース 交通 ルートマップ  参 考資料  壁紙  参考図書
犬山橋〜継鹿尾山〜善師野駅 内津峠〜弥勒山〜定光寺駅
東海自然歩道編トップ 写真トップ


東海自然歩道は犬山からは先に恵那コースを全 線歩き切り、その後静岡県の秋葉神社下社まで歩いていたが、愛知県の本コースは恵那コースがバイ パスしている分、つまり善師野〜寧比曽岳間がまだ歩いていない。
とりあえず2日で雲興寺まで歩こうと、夕方家を出て名古屋駅前のネットカフェで一夜を過ごした。

初日は最低内津峠(20キロ余り)、できれば定光寺駅(約30キロ)まで歩きたい。

















朝6時過ぎの大名古屋ビルヂング。
6月とは思えないほどの快晴である。

6:14発の急行で名鉄の名古屋駅を出る
犬山駅で広見線に乗り換え、無人の善師野駅に到着
















善師野駅近くにあった東海自然歩道の案内

東海自然歩道に合流(の矢印)。
善師野駅からは、
の矢印で本線に合流

「迂回路」とは途中の案内板には書かれているが、迂回路 以外の道はないので、構わず進む。
名鉄広見線の電車を見る
















名鉄広見線の踏切を渡る
県道を横切る

ため池(平谷池)の横を通る














山林に入ってゆく

(↑)国道41号線バイパス。
下をくぐり、登ってきた所

しばらくは階段の登りが続く(→)














(↑)するとさっきの国道とは違う整備された道 に。
有料道路ぽいが、これは何だろう


里山の尾根沿いを進み、鉄塔の前で左折
(→)

下りになっていて、車道へ入る
















少し方角的には戻る感じで車道を下り、センターラインの 道へ

すると、さっきの整備された道の続きと思われる高架の手 前で右折

数分でその道の高架をくぐる


























高架をくぐり、右方向を見ると、くぐった高架は有料道路 のランプウェイだった。
後で有料道路は尾張ターンパイクで、このランプは今井インターチェンジだった事を知る

野道を進むと、大きな池が。
看板があって、「丸山池」と書いてあった

今井丸山交差点。ここは直進
















すぐに突き当たり左折。

尾張ターンパイクの高架橋をくぐり、山道へ

道幅の広い山道。
緩い登りだ
















県営の今井開拓パイロット農場。
農業従事者の高齢化と後継者不足により遊休地化が進み、廃棄物の不法投棄も目に余っているという。
ここは矢印の通り進む

山林を通り、車道に出る。
この階段で山の中へ

アップダウンの多い山道を歩き、階段を下るとこの場所 に。
ここは、東京大学が研究を行っている地みたいだ
















東京大学の研究地にある「斜面ライシメーター」。
地下水流量の計測を行い、土壌の表面が流出するのを防ぐ研究をしているようだ

山林の中を行く

パッと開けたところに出る














 (↑)国道257号線を地下道でくぐる

(←)少 し行くと、通称天狗神社と言われる。鞍馬山教会の敷地に。
権現様があった。
仏教とキリスト教の折衷な感じだ

長かった山道歩きを終え、入鹿池へ通じる車 道に出る














入鹿大橋が見えてきた











東海自然歩道は入鹿大橋は渡らず、その手前で左折する

入鹿池の景色。
ここで、いったん休憩。
入鹿大橋を渡ると、自動販売機があったので、水を補給。









入鹿池

飛騨木曾川国定公園内にある人工の農業用ため池。
新田開発の一環として、寛永10年(1633年)に完成。
池の堤防の高さ25.7m、長さ724.1m、貯水量は約 1500万立方メートル。
香川県の仲多度郡まんのう町にある満濃池と一二を争う農業用ため池としては稀有な規模。
犬山市、小牧市、丹羽郡の町へ灌漑用水を伸ばす。
ワカサギ釣りの名所で知られる。
池の周囲には、博物館明治村がある



























奥入鹿橋

五条川をさかのぼる。
橋には一の橋、二の橋と番号がついている

入鹿池から30分近く歩くと、八曽キャンプ場の駐車場が














入鹿森林愛護組合。
八曽キャンプ場の案内も兼ねているらしい

(↑)この入鹿森林愛護組合からは、車は通行止

岩を横に見て、未舗装になった道をなお上流に 進む(→)


























八曽キャンプ場の中を進む。
中日新聞のペナントが目立っていた

最後に黒平谷橋を渡り、山道へと 入る
















事前に地図を見て「ここは急かな」と思ったがそうでもな かった。緩い登りで快適だ

道は尾根沿いになり、そのまま進むと、柵と「火事注意」 の旗が

道が広くなり、10分ほど歩いて犬山市に別れを告げ、小 牧市に入る。しかしすぐに春日井市になる
















この辺りは広大な国有林。
通称愛岐丘陵と呼ばれる丘陵性山地を進む


気持ちいい林の道、と思っていたら突如左側にフェンスが 現れた
景色がパッと広がり、工場の敷地に。
タンクローリーなどが置いてあった。
縦にされた春日井市の「自然を大切にしよう」の看板がむなしい









な ぜ、東海自然歩道のコース沿いにこんな工場が現れるのか?
実は進行方向左側は岐阜県多治見市。この辺は愛知県と岐阜県の県境沿いをずっと進んでいる。
工場設備のある部分はいずれも岐阜県側。
まさに「自然歩道」には不釣合いな景色だが、これがお役所の管轄区域の違い(つまり縄張り意識)から来ている

















岐阜県側にある工場を左に見る

工場のトラックが通る道路を歩く

やがて複雑な交差点。の所に本線である山 道への入口がある。
トラックなど工場用事業車は180度ターンして手前左側にある道を降りてゆく。














(↑)一度車道に出るが、また山道へ

急坂な下り。足元も滑りやすい(→)

滑り落ちるように坂を下ると、ここで中央自 動車道をオーバークロス(北山橋)
















しばらく下り基調の道を進むと、内津神社への分岐(の矢印)がある。
時刻は午後2時前。ここで定光寺駅まで行ってしまおうと決意、本線(の矢印)を通るため左折

舗装されている急な下り坂
下りが終了すると、突き当たり。
左折
















内津峠手前で弥勒山方向に右折

内津峠の説明板

国道19号線バイパスが内津トンネルに吸い込まれている









内津峠

尾張連清稲の撰述した貞観16年(874年)「熱田縁起」によると、日本武尊が東方への遠征の帰途、 婚約者である熱田の宮簀媛(みやずひめ)に会うため に、内津にさしかかった時、建稲種命(宮簀媛の兄)が駿河で水死したことを建稲種命の従者である久米八腹から知らされた。日本武尊はこれを聞き悲泣して 「あの元気な稲種が…。」と絶句し、しばらくして「ああ現哉現哉。」といったので、この語をとり内津と称するようになったという。
建稲種命の死因は、熱田大神宮縁起によると、命が羽美しく声おもしろい異鳥が海上に飛翔するのを見て、これを捕まえて日本武尊に献上しようとし、追い回す うちに暴風雨が起こって乗船転覆し、溺死したといわれている。その命の霊を祭られたのが内々神社である。また、この神社の前の宿場町を内津という。「津」 とは、舟や人が集まるという意味である。
(岐阜国道事務所:ぎふこくナビ:内津峠より










この時刻になると、 アスファルトに照り付けられる熱気もあり、かなり熱くなってきた。
疲れもあるが、定光寺駅までは3時間くらいで着くだろう、と思ったのだが、これからが大変だった…。

内津峠〜弥勒山〜道樹山〜定光寺駅に続く












交通
※バスの時刻はいずれも始発停留所の時刻
[善師野]
名鉄犬山線善師野駅から10分で東海自然歩道本線に合流。
名鉄犬山線は昼間約15分毎の運転

[今井付近]
ほぼ1時間おきに名鉄バスが高速経由で、名古屋駅前にある名鉄バスセンター行きを運行

今井丸山→名 鉄バスセンター 名鉄バスセンター→ 今井丸山
平 日
15本
14本
土 日祝
13本 10本
始発
平日:6:23
土日祝:7:08
平 日:8:45
土日祝:8:35
終バス
平日:17:34
土日祝:17:34
平 日:21:55
土日祝:21:35
他に岐阜バスコミュニティの犬山駅行きも1往復だけあり。
ただしリトルワールド

[入鹿池]
昔はあったようなのですが…。
今はないようです。
明治村まで1時間くらい歩けば9〜16時台に30分に1本犬山行きと、土日祝のみ名鉄バスセンター行きのバスが出ています。
平 日祝日

[内津峠付近]
名鉄バス。JR高蔵寺駅との間で約2時間おき。1日8本(詳しくはこちらで検索を)

内々神社高 蔵寺駅 高蔵寺駅→内々神社
平日
12 本
12 本
土日祝
9 本 8 本
始発
平日:6:39
土日祝:7:06
平 日:8:19
土日祝:8:20
終バス
平日:19:35
土日祝:19:11
平 日:20:36
土日祝:20:05

ルートマップ(ALPS routeより)

 

壁 紙集(解像度1024×768:自由 にダウンロード していただけます)→壁紙集のページもご訪問くださ い
寧比曽岳 段戸湖 

参考資料:
■Wikipedia:入鹿池
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A5%E9%B9%BF%E6%B1%A0
■愛知県土地改良事業団体連合会:愛知の農業用水:入鹿池

http://www.aichi-doren.or.jp/homepage/yousuiten/irukaike.htm
■中部森林管理局:犬 山・八曽自然休養林
http://www.chubu.kokuyurin.go.jp/syoutaijyo/recreation/inuyama/index.html









<参 考図書>





犬山橋〜継鹿尾山〜善師野駅 内 津峠〜弥勒山〜定光寺駅
東海自然歩道編トップ 写真トップ
東海自然歩道ルートガイド-善師野駅〜入鹿池〜内津峠
本サーバ ミラーサーバ