2006.05.05 熊野本宮と大峰奥駆道、南の起点から金剛多和まで















夜JR田辺駅へ到着

朝の田辺駅
龍神バスに乗り、熊野本宮へ














(↑)熊 野本宮大社入口

参道の奥に長い登り階段が(→)

この奥に拝殿が
















上から参道を見る

もともと熊野本宮があった所。
鳥居は最近建てられた

今はただの広場
















熊野川の河川敷

大峰奥駆道に行くため、熊野川を橋で渡る

しばらく車道を歩き、坂を登ると、大峰奥駆道に合流する 看板が見えた
















看板から少し歩くと、山道への分岐

山道の中を歩く

鳥居が見えた
















ここが七越峰だった

広場に降りて来た

また山道へ
















登ると、展望台があり、熊野本宮が見通せた

さらに山道を進むが、木の所有権を主張するペイントが。
熊野古道ともども、有名になりすぎたひずみか。

下り坂になり、一旦車道を横切る










(←)登り階段が…





森の中を縫う(→)






パッと景色が開けた














河原が広い熊野川

(↑) 地蔵が見えてきた

風月を物語る地蔵(→)














蛇行する熊野川

(↑) 崖を行く
木の中のきつい上り坂になった。
足場も悪い(→)

















電線沿いを登る

咲いていた花
大黒天神岳頂上

















急坂を下りて金剛多和。
時刻は12時半だが、荷物の重さで疲れた。
ここであきらめて、ふもとに下りる事に

高巻き道を少しずつ下りて(がけ崩れもあり危険)、ふも との集落へ下りた

熊野川沿いに水田が広がる
















田植えされたばかりの水田を撮った

青くたたずむ熊野川

道の駅奥熊野古道ほんぐうに着く























田辺駅に戻り、家へ 帰ることに。車窓からの日暮れが奇麗だった









旅編ホームへ ホー ムへ